2016年8月28日日曜日

空気の支配する国日本の弱点について:高畑淳子は何故記者会見を開いて謝罪するのか?

日本社会の特徴は、人と人の間に不可解な「空気」が濃く存在することである。その結果、ある集団の構成員の破廉恥な罪は、他の構成員に連帯責任がを強要する。また「空気」を過剰に意識し、支配された集団は、論理的に設定された筈の目標を見失って迷走する。それらは全て、個人の自立が大人になっても達成されていないことによる。その背景には、日本文化があると思う。

1)ここ数日間、ある俳優による強姦事件がテレビの報道バラエティ番組を占拠したように報道されていた。その異常とも言える報道頻度と時間は、日本の報道界のレベルの低さを示しているが、別の視点で見れば、日本社会がそれを要求しているからである。更に驚いたのは、母親が記者会見を行い、謝罪し、更に今後の俳優としての活動の自粛に言及したことである。

その事件と相前後して報道されたのが、埼玉県で高校一年生が殺され河川敷に埋められた事件である。この事件では、地元のカラーギャングが犯人で、その理由は連絡を取らなかったからというものである。http://mainichi.jp/articles/20160825/k00/00e/040/155000c

この種の集団は、個人では出来ない目立った行為や時として不法な行為を集団で行い、瞬間的な優越感に浸るのだろう。チーム内では”個人の壁”をある程度持つのはリーダーのみであり、あとの構成員は個人とは言えない筈である。殺された被害者はそのチームの使い走りたなって一週間ほどして、チームから逃れようとしたのだろう。個人としての行動をすれば、厳罰が下るのがその種のチームの姿である。

2)上記二つの出来事は同根である。人間は集団で生き、集団にはボスがいる。小さい集団では、集団の意思はボスの意思である。そこで重要なことは、その集団の意思を知ることであり、敏感に感じることである。日本社会というような大きな社会では、その意思は山本七平風にいえば「空気」ということになる。

最初の例では、高畑淳子さんは鋭敏に空気を察知して、謝罪会見を行った。もちろんそれは、将来の仕事と自分達の生きる空間の確保のためである。決して、自分が社会に対して責任を負うべきだとは思ってない筈である。悪いと思っているとしたら、片親という家庭環境しか息子に与えることが出来なかったことが、息子の性格に影響したのではないかとの思いだろう。

あの会見は、社会への謝罪の形をとっているものの、今後の社会によるイジメを回避するためのものである。そこでは論理的なことを決して言ってはならない。空気が嫌うのは論理であるからである。ひたすら、詫びて涙を流すのが正しいやり方である。

二番目の例は、もっと強く結びついた小さな社会の出来事である。この種の小さな集団は、社会からは浮いた存在である。そのため、常に構成員が社会に吸収されて集団が分解してしまう危険性があり、その危険の自覚がその小さな社会の結束力となっている。

その集団では構成員の間での互いの存在確認が頻繁にラインなどのスマホツールを用いて行われていただろう。準構成員とみなされていた被害者が、この集団から一般社会に逃避しそうになったため、集団のルールに反したことの罰と、(同じことであるが)その集団の団結力の確認のために、殺されたのだと思う。殺したのは個人ではなく、集団である。唯一個人として責任を負うのは、その集団のリーダーである。

3)中学校などでのイジメの典型でもあるこのような傾向は、人間である限り共通して持っている。しかし、特に日本でその傾向が強いのは、この国の人々は殆ど“個人の自立”を感覚的に理解していないからである。個人の自立とは、例えば独自の意見を自分の言葉で発言することである。

この国のどのような社会でも良いから、新参者(評価がプラスマイナスゼロである)が独自の意見を集会などで言ってみれば良い。その発言者はその社会でただちに孤立し、その社会の構成員に陰口の種を提供することになる。

「個人では構築し得ない深い論理的モデルを、集団での議論を通して構築し、難問を解決すること」は西欧が築いた一つの文化の形式である。この「万機公論に決すべし」と明治時代にうたった理想が、未だ実現していないことをすべての日本人は知っている。そして人々は、ひたすら“世間”の空気を読むことに専心し、その空気の支配を受ける。それが、あの大きな社会である筈の東京都議会で一人のつまらない議員が、ボスとして君臨できた理由である。ボスは空気を支配する祈祷師である。東京都議会は、日本国のモデルでもある。

2016年8月27日土曜日

日本は朝鮮戦争に巻き込まれないように手を打つべき:アメリカのシナリオを警戒すべき

 昨年9月、安倍政権と与党は集団的自衛権行使を可能にする様に、憲法解釈の変更と関連法の改訂を完了した。その際、我々日本人の頭に強く念頭にあったのは尖閣問題など中国との軋轢であった。しかし、安倍政権をこの方向に導いた米国の思惑は、別のところにあったのではないかと思う。

それは、北朝鮮である。最近、北朝鮮はSLBMの発射に成功した。また、繰り返し行っている核実験により、核の小型化を目指している。それに成功すれば、米国もその脅威の対象になる。

もし、来年ヒラリークリントンが新しい大統領に就任すれば、小型核搭載のSLBMを実践配備するまでの短い間に、米国と韓国の聯合軍は朝鮮戦争を再開する可能性がある。そしてその際、北朝鮮は日本にある米軍基地をミサイル攻撃する可能性が高い。勿論、それがなくても、米国は日本周辺で北朝鮮と戦うことになり、集団的自衛権の条項により、日本は北朝鮮と交戦状態に入るだろう。

つまり、安倍総理の韓国との不思議な慰安婦問題での合意(米国の強い圧力があった筈である)などを含め米国の日本操縦のシナリオが最後に描いているのは、日本と中国との尖閣問題での衝突などではなく、もっと大きな朝鮮戦争ではないだろうか? 朝鮮戦争再開となれば、尖閣とは違って、日本に多大の被害を直ちにもたらす可能性大である。

そんな話は聞いていないと言っても、通用しない。日本国民にできることは、日朝平壌宣言を思い出して、北朝鮮にブレーキをかける一方、米国に“強く圧力をかけて”朝鮮戦争終結を勧めることである。しかし、米国は日本の進言など完全に無視するだろう。

そこで、大統領選において民間人から強力にトランプ支持の応援をすべきである。在米日本企業にも協力してもらうのが良いかもしれない。それから、「朝鮮戦争の再開ではなく平和条約締結を」と北朝鮮承認のキャンペーンを行う事であると思う。北朝鮮の承認は、拉致被害者の帰国をもたらすだろう。

この件と関連した最近の記事を読んでほしい。例えば、8月25日に書いた記事(以下のものと同じ:http://blogs.yahoo.co.jp/mopyesr/42944116.html  )と、その末尾に引用した記事(この数年間に書いた「朝鮮戦争終結と北朝鮮承認、それに拉致被害者奪還」について書いた記事の一部)を読んでほしい。

2016年8月26日金曜日

高畑淳子のおばさん、何を記者会見しているのだ?

金曜日の朝の民放4局で、高畑淳子氏による息子高橋裕太容疑者の起こした強姦致傷事件(補足)に関する、謝罪記者会見が放送されていたらしい。テレビチャンネルを一通り回してスイッチを切った。

何故母親が成人となった息子の犯罪に関する謝罪を行うのか? しかも大事件のように民放のほとんどすべてを巻き込んで。それよりも大事なニュースはないのか?

こんな事件の記事は、新聞3面の一コラムで十分だ。類似の事件は山ほどある。最近のテレビ放送は知恵のない者がプロデュースしているのか、芸能人の葬式とか不祥事を最優先して放送する。

補足:(午後4時10分追加)

高畑裕太被告と芸能人の一部が持つ考え方を批判する


高畑裕太がホテル従業員を強姦して警察に逮捕された。彼は異常性欲の所為にしている。もし、異常性欲という病気なら、その治療としてテストステロンを製造する臓器の摘出などの手術を受けるべきだ。本当にその手術を受ける覚悟で言っているのではなかろう。

単に、生まれながらの芸能人としてのぼせ上がっているだけだろう。芸能人だから何とかなるだろうと、これまで何度も同様のことを行ったのだろうと想像する。この事件を報じた昨日のテレビ番組で、元バレー選手でタレントの河合俊一が言った言葉が彼らの生態を表している。

「彼(高畑裕太)なんか男前だし、口説けばその様な相手は何とかなるだろうに、どうしてそんなことをしたのだろう。」女性を人間として見ていない、ふざけた言葉だ。自分がやってきた様に適当に相手を探して欲望を満たせば、刑務所に行かなくてもすむのに。相手がどう思っても、その場限りの出来事で終わらせば良いのだからと、そう言いたいのだろう。世の中の女ども、この河合 俊一の言葉をよく覚えておけ。

テレビタレントたちはのぼせ上がっている。一つのスポーツや一つの芸があるからといって、特別の待遇をするのは、現在の社会の歪な構造に関係がある。お前たちが人間として優秀な訳ではない。また、実際に必要な社会の第一の機能において役立っている訳ではない。世界を相手に研究開発し、世界の各地で営業をし、世界を相手に投資をし、日本に富をもたらしている人間がいるから、テレビタレントにも仕事と高い分配金が支払われているのだ。ソノバビッチめ。

日本は北朝鮮問題を独自に(米国とは独立に)、原点から考えるべき

北朝鮮は、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射し、日本海の防空識別圏を通過して落下した模様である。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160824-00000013-mai-kr 自衛隊が迎撃したという話は聞かないので、迎撃ミサイルというのは少なくとも近隣から発射された場合には無力なのだろう。もちろん大陸間弾道弾のように高速で落ちてくる場合にはもっと難しいだろう。イージス艦は何か働いたのか(下図参照)、明らかにしてほしいものだ。

おそらく今回は、SLBMが落ちるまで探知できなかったのだろう。THAAD(日本にはない)とかPAC-3 とか言っても、数値データとしての性能など公表されていないだろう。70年間国家間の戦争などなかったのだから、その実戦性能はバレないなら非常に効率のよい金儲けとなる。(イラクでテスト済みというけれど)それは迎撃ミサイルだけでなく、米軍の駐留そのものにも言えることだろう。トランプが「引き上げるぞ」と言っているのは、価格交渉の常套手段である。

東アジアでの混乱は、米国の軍産共同体の稼ぎ場所として、米国が作り上げたのだろう。朝鮮戦争を終わらせず、いままで引っ張って、紛争の拠点としたのだ。朝鮮戦争の司令官であった、マッカーサーが北朝鮮を潰して平定してしまおうと言った時、彼は首になって本国に召喚された。馬淵睦夫さんの「国難の正体」の中に書いてある通りだと思う。

北朝鮮は何とか朝鮮戦争を終わらせて、平和な国にしたかったのだ。しかし、米国が許さない。韓国を半島唯一の政府ということにし、日本にもその戦略に協力させて、日韓基本条約を締結させた。北朝鮮は朝鮮戦争の終結を画策しても、米国は振り向かず、その代わり6カ国協議とかいう訳のわからないシステムを作って、それに丸投げすることで北朝鮮の考えを潰した。また、日韓が仲良くなると困るから、最初の大統領に李承晩という反日人間を置いた。

すべて、米国の利益のために、この東アジアを利用しているのだと思う。

2016年8月25日木曜日

オバマ大統領による核先制不使用宣言は、北朝鮮の暴発防止が目的か? つまり、米国の核の脅威に動揺して北朝鮮が先制核攻撃をするのを防止 する為かもしれない、しかし。。。

世界一の核軍事強国である米国が核の先制不使用を宣言することにより、他の核保持国が核兵器を背景にして、周辺諸国に対し強圧外交を遠慮なく展開できることになる。つまり、いかなる核保持国でも、核保持特権国としての待遇を国際社会で得ることになる。

1)オバマ米国大統領が、任期を僅かに残す今、最後っ屁のように出してきたのが核先制不使用の宣言(案)である。同盟国の日本、韓国、フランス、英国などが反対していると、ワシントンポスト紙が報じた。この記事を引用して朝日新聞社説は、安倍総理はオバマ氏に力を添えるべきだと書いている。 http://digital.asahi.com/articles/DA3S12518308.html?_requesturl=articles/DA3S12518308.html

その中で、川口順子元外相や豪州のエバンズ元外相らアジア太平洋地域の元閣僚らは最近、オバマ政権に先制不使用(宣言)を求め、日本を含む米国の同盟国に支持を促す声明を出したと書かれている。豪州にとっては中国の核の脅威は小さいので、有りえないことではない。しかし、日本は直接中国と尖閣等で対峙しており、川口氏が本当にそう思っているとしたらバカか、反日分子だろう。

佐藤優氏は動画で、この件の安倍総理の反対を当然だとして 支持し、朝日新聞の社説を感情と論理を混同していると批判した。https://www.youtube.com/watch?v=CeA3Q8ePYRo そして、「例えば北朝鮮が核兵器を日本に向けて発射準備をし、発射のスイッチを押し、核ミサイルが飛び立つまで、核兵器の使用ができないのだから、そして、その核兵器を撃墜できるとは限らないのだから、米国の核の傘の意味がなくなる」と説明している。

その論理もちょっと不完全に思う。日本を第三国が核攻撃しても、米国への核攻撃ではない。従って、核先制不使用宣言をした場合、日本の代わりにする核反撃も放棄することになる。つまりその宣言は、友好国に置いた核の傘を廃止しますと、米国の方から宣言することに等しい。

もちろん日米安保条約があっても、日本の核反撃に米国は核攻撃を用いる可能性はほとんど無いだろう。可能性があるとしたら、相手が米国へ核反撃しても100% 撃墜できる自信があるときだけである。それもやらないというのが、核先制不使用宣言である。(補足1)

日本と米国は確かに「日本国とアメリカ合衆国との相互協力及び安全保障条約」という名の条約を締結した同盟国である。しかし、この条約文には核という字は一字も書かれていない。つまり核の傘とは、米国が持っている核兵器が使われるかもしれないという可能性を、仮想敵国が勝手に感じる脅威なのである。核の傘は、国際的軋轢はいろいろあっても、戦端が開かれる前にのみ意味のある概念である。平和の時には命の値段が非常に高く、それが核の傘という幻を見せる。しかし一旦核兵器が使われてしまえば、命の値段は急落し、同時に核の傘は幻となって消失してしまう類のものなのだと思う。

2)敢えて、核兵器を先制使用しないと宣言する意味は何か? 今までは、オバマ氏の政治的パーフォーマンスと考えてきたが、よく考えれば具体的な意味もある。核兵器を互いに向けて、米国とその仮想敵国が向かいあっている時に、核においても強者である米国の先制不使用宣言は、仮想敵国の心理的動揺による米国への核先制攻撃を防止するように働く。(補足2)つまり、北朝鮮による米国への核先制攻撃の確率を大きく減少させることになる。

同様に、同盟国日本への核攻撃の確率も減少するだろう。したがって、対北朝鮮という問題においては、米国の核先制不使用宣言は、三沢などの米軍基地の存在する日本への核先制攻撃の可能性を減らし、日本の安全にも寄与する。つまり、佐藤優氏の北朝鮮を例に挙げた理屈は、現在のところ成立しないと思う。

北朝鮮が経済的にも復興して強力な軍事大国になった時は、話は別である。また、現時点で日本における米国の核の傘は、中国を意識していると思う。尖閣諸島の日本からの略奪を考え、沖縄を独立させて併合するシナリオを考えている可能性のある国として、中国は警戒されている。(そのように予想される)中国の画策を恐れるのは、中国が強力な核軍事力を持っているからである。

なお、北朝鮮問題は米国が平和条約を締結して、北朝鮮を承認すれば解決するだろう。核兵器の削減も総合的に交渉すれば可能だろうと思う。その趣旨で、以前に幾つか記事を書いてきたので、引用します。

北朝鮮に核兵器を開発させたのは米国である:ロイターの記事 2016年1/24 http://blogs.yahoo.co.jp/mopyesr/42622974.html
北朝鮮をソフトランディングさせるべき 2014年11/03 http://blogs.yahoo.co.jp/mopyesr/41810584.html

補足:
1)つまり弱小核保持国相手の場合のみである。しかし、先制不使用宣言をすれば、それも無いと宣言することになる。
2)オバマ氏の頭には、真珠湾奇襲攻撃があるのかもしれない。

2016年8月23日火曜日

「オバマの核先制不使用宣言」についてのある外交評論家の考え方:さっぱりわからない。

田中宇氏は外交評論家で、有料ブログに無料ブログを混ぜてネット配信をしている。田中氏は今日無料記事として、オバマ氏の核先制攻撃不使用宣言についての考えを配信した。その内容は、全く以外だった。田中氏は、オバマ氏の政治的パーフォーマンスを正面から最大限に評価しているのである。http://tanakanews.com/160822nuke.htm

オバマ氏は、大統領就任直後に核廃絶の目標を発表し、ノーベル平和賞をもらった。しかし、その後は全く核廃絶の動きを見せなかったのだが、それについて田中氏は「しかし、その後のオバマは、米議会など米国内外の軍産複合体に阻まれ、核廃絶を進められなかった。」と書いている。

田中氏は、米国大統領の指導力が、現在の世界の政治的勢力図のままで、そして米国の産軍複合体を抑え込めば、核廃絶のための現実的な力になると信じておられるようだ。詳細に引用記事を挿入しての記事なので、正に「木を見て森を見ず」の典型だと思う。

極め付けは、以下の文章である。「オバマの主導で世界が核先制不使用を宣言すると、北朝鮮や中国との緊張が緩和され、米国が”米軍がいなくても日本は自衛できる”と考える流れになり、在日米軍が撤退傾向となり、対米従属を続けられなくなる。だから日本はオバマの計画に反対している。戦後日本の平和主義は対米従属のためのものであり、偽善だった。」

田中氏は、戦後の東アジアにおける外交的緊張は、すべて米国の産軍複合体の企みの結果であり、産軍複合体が活動をやめれば中国や北朝鮮と日本との緊張も消滅すると考えておられるようだ。また、田中氏は米国が核先制不使用を宣言することは、同盟国に対する核の傘が消滅することになることがわかっていないのか、それとも、元々核の傘など何の外交的意味がないと思っているのかどちらかだろう。

私は、中国が軍事力で隣国を脅すことが可能なのは、核兵器を持っているからであり、日本が米軍に期待するのは核の傘であると思っている。また、中国の覇権的姿勢は米国の産軍複合体に挑発された結果では説明できないと思っている。日本は、対米従属を好んでしているのではない。

更に、先日のオバマ氏の広島訪問に関し、「今から思うと、5月末のオバマの広島訪問は、今回の先制不使用などの計画の先駆となる象徴的な動きだった。オバマは、安倍首相とともに広島を訪問することで、安倍(や後ろで操っている日本外務省)に「口だけでなくちゃんとやれよ。俺はやるぜ」というメッセージを送ったともいえる。」と書いている。オバマ氏のこのパーフォーマンスも、まともな外交と考えておられるには全く驚きである。

オバマ氏の広島訪問をこのように評価するなんて、空いた口がふさがらない。オバマ氏の核廃絶や核兵器先制不使用宣言に関する活動について、何度か批判的記事を書いてきたので、以下にそれらのサイトの一部を引用する。 http://blogs.yahoo.co.jp/mopyesr/42929474.html http://blogs.yahoo.co.jp/mopyesr/42937637.html

核廃絶どころか、核不拡散すら実現できないことを、戦後の世界政治は証明してきたではないのか? スーパーマンの真似をする「エーカッコシー」を最大限評価するというのは、何か別の意図があるのだろうか。

追補:田中氏のブログを何年間か有料で読んでいたので、この様文章をブログに書きました。「そんな人知らない」という人には、不自然に見えるかもしれません。

2016年8月22日月曜日

信仰の自由はどこまで政治の場面で主張し得るのか?

世界の国々でも日本でも、信教の自由が憲法に定められているケースは多い(補足1)。信教とは宗教を信じることであり、信教の自由とは特定の宗教を信じる自由または一般に宗教を信じない自由をいう。また、宗教とは、超越的絶対者や神聖なるものへの信仰(補足2)である。更に、信仰とは信じ仰ぐことであり、自分をその教えに従属させることである。

宗教に関して、もう少し詳しく我流解釈を書くと次のようになる。“宗教とは、世界と人間の理解、そして人間の行動と精神のあり方に関する、其々教祖の言葉や聖典の文章を、信者である個人が尊び受け入れることである。” それは、聖典や教祖の言葉にある記述に関する限り、精神における個人の自由はないと考えられる。(つまり、他からその人の精神の一部が、完全に予測可能である。)

一方、民主主義の原則は、有権者である個人が政治信条などにおいて独立を保ち、自分の意思でもって政治に参加することである。そこで、教祖や聖典の言葉が政治的判断に直接的に影響する場合、その宗教を信じる自由と民主主義を含むあらゆる政治体制とは、まともな形では両立しなくなる(補足3)。

大日本帝国憲法は、「社会の安寧秩序を妨げず、臣民に与えられた義務に背かない限りにおいて」と、条件付で信教の自由を認めている。非常に大まかな縛りの文章であるが、上記問題に関して考慮済みである(補足1b)。実際日露戦争のとき、良心的兵役拒否したキリスト教関係の人は、逮捕収監された。

日本国憲法では、それに相当する文言は「いかなる宗教団体も、政治上の権力を行使してはならない。」である(補足1a)。この文言では、個人の信教の自由による行為には踏み込んでいない。宗教団体は地下に潜ることは可能であるから、現行憲法はこの点に関してかなり防備が弱いと思う。

一神教の敬虔な信者である外国人を移住者として受け入れる場合、上記問題は難しい事態を招く可能性があると思う。「国家か神か」という選択になった場合、一神教の信者は神を選ぶことになるからである(補足4)。現在、国際政治の場における参加主体は、国家であり宗教でも民族でもない。従って、この種の問題は国際政治を不安定にする。

キリスト教圏などにおいて、信教の自由が政治と衝突しないのは、政治に積極的に参加する層に宗教心が薄く(補足5)、且つ、宗教において高い地位にある人が、政治と宗教の関係に深い理解をもっているからだろう。

補足:
1a)日本国憲法第20条:  信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。2: 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。3: 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。
1b) 大日本帝国憲法第28条:日本臣民ハ安寧(あんねい)秩序ヲ妨(さまた)ケス及臣民タルノ義務ニ背(そむ)カサル限ニ於テ信教ノ自由ヲ有ス
2)広辞苑第二版では宗教を以下のように説明している。“神または何らかの超越的絶対者、或いは卑俗なものから分離され、禁忌された神聖なものに関する信仰・行事またはそれらの連関的体系。帰依者は精神的共同社会を営む。”
3)宗教の聖典に書かれた思想や教祖の口述による思想が、そのまま信者全体に採用され、其々が個人の考えという衣をかぶって政治の舞台に出てくる。
4)同じ宗派の敬虔な信者たちが、二つの敵対する国家に分断された場合などのケースで、この種の問題が生じるのではないだろうか。
5)「神は死んだ」と言っても、その方の身に危害が加えられたとは本などに書いてない。