2014年9月30日火曜日

御岳山への登山者に、何故注意情報を与えなかったのか

 御岳山の噴火で多数の死者が出た。御岳山は火山であり、2007年にも噴火している。その10年程前にも水蒸気爆発で怪我人をだしている。2007年の噴火の前に、前兆として火山性地震が多数回あったことが知られている。そして、10日からそれ以来となる多数回の火山性地震が観測されていた

 もし、10日以降にその事実だけでも登山口や山頂近くのロッジに掲示し、気象庁から関係者に通知していれば、このような被害はある程度防げたのではないか。気象庁は噴火予知は出せなくても、注意報は台風でも津波でもだしているのだから、警戒レベルを一段階上がることは出来た筈である。或いは、火山性地震が2007年の噴火以来となる程、多数回観測されているという事実だけを登山口や山小屋などに掲示しても良い。

 兎に角、日本の行政は責任を取らないくせに、ずさんである。最初から仕事をする気がないのか、と疑いたくなる。テレビで、気象庁火山噴火予知連絡会の幹部は、「完全に予知できる訳ではないので、発表できない」という趣旨のことを言って言い訳をしていた。それは全くレベルの低い言い訳である。誰も、完全な予知など期待していない。天気予報でも、台風情報でも、特別警報を含め完全にはほど遠く住民の信頼を得ていないではないか。気象庁は全てのデータを出し、自分達の責任を調査し(或いは第三者委員会を組織して国会が)、責任者を処分するべきである。
 今後、大雨が降った場合、泥流が予想される。その際の被害予想などもシミュレーションして、対策を検討しておくべきだと思う。

追加:
東北に大震災のあった数週間前に、あの地方で大きな地震が近いうち(数ヶ月程度)にあると、テレビで予言した琉球大の地質学者の木村教授は(注1)、御岳山で2010-2016年の間に、噴火が起こると2013年に出版の本に予言していた。木村教授は、”東海地震は起こらない、富士山噴火は起こる”など、大胆と思われる予知を出しておられる。教授の予知は、後だしジャンケンが可能なように含みを持たせたような出し方ではないので、信頼出来ると思う。  ただ、日本と言う国では、昔から権威が実力よりも重視される(注2)ので、地震学者でない木村教授のような方の予言は無視される。 注釈; 1)”たかじんのそこまでいって委員会”だったと記憶している。たしか3ヶ月程度の短い間にという話だったので、司会の辛坊治郎氏が、本当ですか?と何度も念を押していたことを記憶している。 2)全く関係ないですが、明治時代、画壇の長老の黒田清輝に評価されなかった、レオナール藤田を思い出す。近い例では、天皇陛下の心臓手術の際、執刀者は順天堂大の人でも、場所は東大病院でという奇妙なことになった。

2014年9月29日月曜日

"Comfort Women" were not sex slave : A fake story made by Korea

With hoping a good relation between Japan and Korea:

1) On August 5 and 6 in 2014, Asahi Shinbun (a major newspaper of Japan) has withdrawn the article published in 1982, which reported that the army of Imperial Japan abducted many woman of Jeju (South Korea) as comfort women (1). The story had been taken maliciously from the book written by a forger Seiji Yoshida(2). Later, a researcher of modern history, Prof. Ikuhiko Hata, visited Jeju to find out the evidences and testimonies to check the Yoshida’s story, but nothing was found (3).

This fake article of Asahi Shinbun (4) made an essential role in the international community (United Nations, USA, China, etc) to give the basis to accuse Japan of abusing many Korea women as sex slaves in the military bases. Since South Korea has been very active in lobbying in the foreign countries for the Comfort Women Issue, it has appeared at the United Nations in 1994 (Commission on Human Rights Resolution 1994/45 ) and resulted in the so-called “Coomaraswamy Report” (Addendum) in 1996. Now that the Seiji Yoshida's testimony has been identified as a fake, there is no "sex slave in Japan military", and the sex-slave scandal to Japan should be erased.

2) It is true that many crimes including rape occurred around the military bases near the battlefields. It was also the case for the Japanese soldiers. For example, Japanese soldiers sent to Indonesia abducted women forcibly as comfort women. Since the incident was a crime against the rules of Japan Military Force, the soldiers were punished as the result of military tribunal and the brothel there was closed (5). In addition, military personnel involved in the matter actually convicted in the International Military Tribunal for the Far East, and has been sentenced to death by hanging.
Since most of the intellectuals of Japan had been affected by the sprit of Bushido (the sprit is still alive in Japan as many foreign visitors admit) (6), Japan army had prohibited filthy conducts such as entrainment of women by force, even though they helped the managers of the brothel.

The original cause of war is poverty of people in the corresponding area. This is similar to the chemical reaction: a chemical reaction, including combustion, occurs because a large free energy change accompanies. (7) A small flame of a match triggers it, which is not the real cause. In the 1940s, Far East Asia was covered with poverty and many girls were sold or solicited by their family to save other members lives. The Comfort Women Issue should be analyzed with taking into account of these miserable situations.
Comfort women were sent from all the territories of Imperial Japan, including Korea and Taiwan. Most of them (70% or more) were from the whorehouses of Japan. Comfort-woman system was invented by the Japan army for the soldiers to prevent raping of citizens, and to keep their fighting sprit high by removing the risk of STD. In addition, those who run a brothel was able to collect the customers easily. All these are realized with the sacrifice of many miserable women. It was really a sad story. However, I would ask to the peoples who blame Japan and keep living in peace and rich environment: Are you all qualified to condemn those who were involved in this filthy affair, "comfort woman"?.
I would like to point out that the comfort woman case has not come out from either Japan or Taiwan. I also lay stress on the fact that the most miserable fates were of the soldiers, who killed in the battlefield by their enemy or by hunger.

3) From the political point of view, it is very important to recollect that Japan and Korea had signed Japan‐Republic of Korea Basic Relations Treaty in 1965. The comfort women issue should be the domestic issue after that in both countries. During the negotiation for the treaty, the sovereignty over a small island Takeshima was discussed and left shelved for the future resolution, but no serious discussion was made on the "comfort woman". No women had claimed compensation to their miserable experiences even after 20 years of that time. After the publications of the book written by Seiji Yoshida and the following articles in both Asahi News Paper, both referred above, and the weekly “Asahi Journal”, the government of Republic of Korea employed the "comfort women issue" to redirect the dissatisfactions of peoples with the policy of the president(8). In fact, the propaganda to condemn Japan with the “comfort women issue” has been intensified recently by both presidents of Korea Lee Myung-bak (李明博) and Park Geunin (朴槿恵).  The presidents know well that this method is very effective, since Korea has been suffering from national inferiority complex, which was planted when they lost their national regime and they could not avoid occupancy by Japan. Before Japan's annexation of the Korean Peninsula, Korean people had enjoyed a superior complex, because Korea had been authorized by China, but Japan was, they considered, merely a barbaric country. The direct proof, indicating that the comfort women were actually sex slaves, was lost completely now as mentioned in 1) and 2). They now totally rely on the concept of "force in the broad sense". However, this phrase, “the force of a broad sense”, belongs to the world of sophistry.

4) In the World War II, many Japanese conscripts died in South East Asia without any awards from their country and also without any military effect to the enemy. In the final stage of the war many students of universities, including Seoul University in Korea, were drafted and killed in vain. In the final stage of the war, USA dropped the atomic bomb on both Hiroshima and Nagasaki and hundreds of thousands of citizens were burnt to death. These tragedies were partly due to the incompetent leaders of the Imperial Japan, and also due to the ugly nature of human being including that of USA and other western countries.
After Japan notified the acceptance of Potsdam Declarations, the Soviet Union sent many soldiers to the territory of Japan after discarding unilaterally non-aggression pact. Many soldiers of Japan alive were taken to Siberia, and engaged in forced labor. As the result a lot of soldiers were frozen to death or died of malnutrition.

All the historical events should be assessed by taking into account of the circumstances and values of that era, and they should not be interpreted in the modern sense and values. The modern people should be more humble before these harsh events and facts. Here, I condemn of the damn act of Korean presidents who take advantage of the old harsh history to improve their present political situation, and also to improve the relative international position of Korea by disgracing the honor of Japan. It is really an ugly conduct of Korea to build the statues of comfort woman in a foreign country, i.e. USA, with the false statement "she was abused as sex slaves by the Japan Army".

5) Speech of the President of South Korea made last week in the United Nations did not address specifically on the comfort women issue. Some people say that it has a certain consideration towards the Japan-South Korea relations. However. the compromise on the bilateral relation is the issue of South Korea, and not that of Japan. Prime minister Abe should not respond to the wink of President Lee, "Please throw the words for the improvement of Japan-Korea relations". He had better wait the word of President Lee that "I am very glad to meet you, Prime Minister Abe. Lets resume the spirit of the basic treaty between our two countries, and celebrate the 50th anniversary. I think that improvement of Korea-Japan relationship should be very fruitful to both countries” after they have removed all “the sex slave statues” in USA.

Reference:

1) A special type of prostitute. Brothel and prostitutes moved with the army. The army was cooperative to the manager of the brothel in every aspect, but the army was not the manager. Most comfort women are sent from Japan and the rest from Korea and Taiwan. They fought with the soldiers when enemy attacked the base.
2) Seiji Yoshida, “My crime in the war time (私の戦争犯罪)”, San-Ichi Shobo (1983);”Korea comfort women and Japanese (朝鮮人慰安婦と日本人)” Shin-Jinnbutu Ohraisha (新人物往来社) (1977)
3) Ikuhiko Hata, “Comfort Women and Sexual Life in the Battlefields (慰安婦と戦場の性)”, Shincho-Shinsho, 1999 (ISBN:9784106005657 (4106005654)). Several years later , Prof Ikuhiko Hata (秦郁彦)went to Jeju to gather up the testimonies and evidences to make check the content of Yoshida’s book, in which he wrote that he joined the group to abduct many women. However, no evidence was obtained. Recently some reporters of a TV station went to Jeju and got an interesting response of men there, who said that they should have fought against Japanese soldiers if their wives or children were going to be abducted.

4) Asahi News Paper (daily), Sept.02, 1982. withdrawn on Aug.05, 2014.
5) Koichi Sugiyama, “The arm against the sex slave scandal is facts (唯一の武器は「事実」)”, Will (a monthly journal of japan), pp230-239, No 8 (2007).
6) Inazo Nitobe, “Bushido, the soul of Japan”, The Leeds and Biddle Company, Philadelphia, 1899. 2’d edtiton; G. P. Putman’s and Sons, New York, 1905.
7) For example W. J. Moore, “Physical Chemistry”,3'rd ed., Prentice Hall, N.J., chap.6
8) == will be edited ==

2014年9月23日火曜日

日本の戦後政治に左派はなく、反日政党が左派の仮面をかぶっていた。

 右派は国家主義、自由主義経済などに立場の重心を置き、左派は社会主義、人民重視、労働者の権利に立場の重心を置く。この伝統的な議会構成で政治を語ることが、西欧先進国で冷戦時代まで有効であった。しかし、日本では、そうではなかったと思う。

 日本では左派と言われていた政党は、実は反日政党だった(注1)。日本共産党はコミンテルン(ソ連が中心の国際共産党の組織)の日本支部であったし、元社会党委員長の勝間田清一氏はKGB(ソ連の機密情報組織)の工作員であった(注2)。左派は、学生達には知的な印象を与え、一流大学は、当時の自民党政権の愚かな指導者の下で、優秀なる反日分子を育てる役割を担った。

 彼らが、日本の中央地方の行政組織や政界、そして、マスコミ関係に進出した結果が、今日の日本の姿を作った。その最も解り易い例が、日本のマスコミを代表していた朝日新聞が、反日捏造報道を繰り返し、それを読む事が知的なこととされていたことである。

 つまり、日本は左派、右派の他に、反日、民族主義の4つのベクトルで、政治の空間が作られていた。敗戦国となったこと、その結果日本独特の住民構成が出来たこと、などが相互に関連した独特の政治環境も原因になり、反日は左派の面をかぶり、民族主義は右派に合流して右派の面をかぶった。そして、日本にまともな革新政党(左派)も保守政党(右派)も出来なかったのではないかと思う。

 下は、サウンドオブサイレンスの歌詞の一部である。日本を唱っているような内容なので、直接関係ないが、引用。 Ten thousand people, maybe more
  
People talking without speaking 
People hearing without listening
 
People writing songs that voices never share
 And no one dare Disturb the sound of silence.
 “Fools” said I, “You do not know
 Silencelike a cancer grows” (映画“卒業”の中での音楽、サイモンとガーファンクルのSound of Silenceの歌詞)

注釈:
(1)共産主義国家は、実際にはスターリンや毛沢東が皇帝である中世的帝国だった。国外の帝国の手先であった日本共産党は、従って反日政党であったと言える。(11:40追加) (2)1982年のソ連から米国に亡命したレフチェンコは、勝間田氏はKGBの工作員であったと米国議会で証言した。そして、1986年勲一等旭日大授章を受けた。1989年死去。
 

2014年9月12日金曜日

塩野七生氏の「朝日新聞の告白を越えて」を読んで

 文芸春秋10月号に掲載された、塩野七生さんによる上記表題の記事を読んだ。朝日の8月5日に出された、慰安婦誤報に関する検証記事に、どう日本(注1)は対処すべきかについて書いたものである。朝日新聞を虐めることで鬱憤を晴らすレベルの低い話ではなく、それを好機として世界に広まりつつある、「日本軍は性奴隷を伴って行軍していた」という誤解を、如何に解くべきかについての塩野さんの考えである。以下は私が理解した内容を“である口調”で書く。

 先ず、朝日の記事を分析すること、そして、朝日側からオリジナルな情報を全部提出させること、それに加えて、他の情報源からも集めることが大切である。その一例として、元オランダ兵士でインドネシアジャワ島に於いて日本軍捕虜になったウィレム・ユーケス氏を探して、当時のインドネシアでの日本軍の様子や、性奴隷と日本軍の拘わりなどについて、証言を得たらどうか。朝日の記事に「インドネシアでは現地のオランダ人も慰安婦にされた」とあったが、この部分は特に注意して対処しないと、日本国の本質に拘る形で(つまり、政治的だけでなく本質的に)欧米を敵にまわしてしまうことになるからである。ユーケス氏は、現地で日本軍の通訳として働くが、その後スパイ罪で終戦まで服役することになった。氏は、インドネシアでの日本軍と現地の両方の情報に詳しい筈の数少ない存命中の知識人だからである。

 その上で、朝日新聞社の関係者を、更に、この問題に関係した与党現議員や元議員をも召喚して、国会において証言させ真相解明をすべきである。また、そのプロセスを、全て公開すべきである。言論の自由との関係で、国会召喚に慎重になることは間違っている。例えば米国において、クイズ番組での不正な番組作り(つまり、やらせ)が問題になり、上院で査問委員会が開かれた例がある。その結果、コロンビア大学の著名教授の息子で同じ大学の講師であったその番組の回答者の一人が、大学から解雇されたという。報道の自由には報道の責任を伴い、その責任に拘る今回の件は、国会召喚してでも解明すべきである。この問題で、日本は徹底的に膿みを出し切るチャンスである。

 この問題は日本人が考える以上に重大である。それは、官憲が組織として、若い女性を性奴隷とした(しかも白人を)などという事実があれば、西欧諸国はくちに出せないレベルの深みから(注2)、日本人(文化)を侮蔑忌避することになるだろう(注3)。これは、長い間の在外経験から、キリスト教徒である彼らの心理の深いところに関する理解による。

 以上出来るだけ短く書いた。私は、全くこの塩野七生氏の意見に賛成である。世界の信用を得るには、日本国も矢面に立って、オリジナル情報と西欧的論理によって全てを表に提出する(裁くと同時に裁きを受ける)ことが必要である。ただ日本は、そのような”世間を波立たせること”を行なう能力に欠けるかもしれない。この国では、中身も持たなくても”人柄がよい”人が出世して、上の地位に就くので、国家の指導者や各方面のトップには、実行力はもとより実行する根拠を示せる人が少ないからである。しかし、幕末の時の様に、日本国の全ての”物を考える習性のある人”が危機感を持てば、何処かからその能力が出てくるかもしれない。そして、そのような危機感を持つ時であると私は過去のブログhttp://rcbyspinmanipulation.blogspot.jp/2013/09/blog-post_22.htmlにも書いた。

注釈:
1)日本政府と書くべきだが、政府だけに任せておけばでは何もしないだろう。日本国民、日本の会社、日本の大学、など日本すべての意味である。
2)口に出せるのは、自由(宗教のなど)、人権、平等、男女同権など表の世界に陣取る考え、一方口に出せないのは、表の世界の論理に矛盾してでも優先される、女性、子供、キリスト教、白人を大切にする気持ちである。
3)それは、”表に出ない”大きな損害の理由になりうる(これは私に寄る追加)。

2014年9月6日土曜日

高い経済的地位は国防である。優秀な人材の住み良い国にすべき

 経済の急激なグローバル化は、先進国にはデフレ圧力となって、金融緩和競争となっている。その結果、日本国民の給与は相対的に低下し、富裕層と貧困層の二層化や通貨価値の下落による将来に対する不安などにより、社会を不安定且つ荒廃したものにする可能性が高い。一方、大企業にとっては、国の境を越えて活動出来るため、多くの企業とネットワークを組むことになり、”住み易い”環境となった。

 この経済のグローバル化は、歴史の方向であるので、必然である。また、政治がしっかりしておれば、その環境下でより豊かでより平和な国にすることが出来ると思う。自国軍を持たない我が日本国政府には、以下のことを特に重要な問題として考えて欲しい。

 中国であれ日本であれ、富は主に大企業が産む。二国間での紛争が起これば、それら大企業の活動に支障をきたして、両国だけでなく世界的な不景気の原因に成り得る。つまり、その不景気という脅威が、戦争や紛争のブレーキになっていることに注目すべきである。

 ウクライナ紛争で、西欧諸国とロシアが本格的衝突を避けているのは、その良い例である。西欧諸国のガスを生産しているのはロシアであり、ロシアからのウクライナ経由のパイプラインが止まれば、大変なことになる。また、中国の周近平主席も、日本との関係改善を考えているのは、この大企業の経済環境を破壊したくないからである。

   つまり、日本が高度な技術水準や科学的創造性を失わないことは、世界的な日本企業の地位を保ち、更に、優秀な新しい日本企業を産み育てることにつながり、それが経済だけでなく、国家の防衛にも大きく寄与するのである。その為、日本は知性ある人が海外に去りたくなるような国であってはならない。それを、国家防衛の一つとして考えるべきである。

 昨日(9/5)のモーニング・サテライトによれば、東大経済学部の伊藤隆敏教授が、米国のコロンビア大に転出することになった。その理由は、「年齢が来れば業績もなにも関係なく定年退職になる日本に不満があった」とのこと。物理や化学のノーベル賞受賞者など、日本の研究者で米国在住を選んだ人がかなりいる。
 創造的な人、高度な技術や知性を持つ人が住みたい国になることが、単純労働者を受け入れることよりも遥かに、この国にとって大切であると言いたいのである。